口腔、顎、顔面、またその隣接組織に現れる先天性や後天性の疾患を口腔外科というのは扱っている診療科です。
歯が原因となってちょっとした疾患を発生してしまっている時や、歯の癌まで治療を行なっているクリニックです。

 

食事や発音、また会話が上手に出来ないなどの機能的な障害だけではなく口腔領域の異常というのは、審美的な障害も起こります。
これらが改善することによって、顔全体に若返り効果があり、実年齢よりも若いお肌を作ることが出来るのです。
顎変形症、唾液腺疾患などや交通事故やスポーツなどといった外傷は外科的疾患だけではありません。
よく知られている症状としましては、口腔粘膜疾患、神経性疾患、口臭症などといった疾患も治療ができます。

医療レーザー脱毛の優良サイト
http://matome.naver.jp/odai/2140660499171473101
医療レーザー脱毛

コンビニ後払いは当サイトへ
http://www.xn--n8jwkxa0a7ii9c4p3868as9bgoq2xbm7a266h.com/
コンビニ後払い、今すぐ

携帯買取についてのサイト
http://mobi-ecolife.com/
携帯買取ならこちら



健康的な美しさを実現出来る整形の一つである口腔外科ブログ:17-6-08

去年のクリスマスイブは主人もミーも休日。

それまでなかなか休みが合わなかった事もあり、
「当日は、お子様のプレゼントを買いに行って、
帰宅後は、ささやかなパーティかな?」などと
予定を立てていたのでした。

ミーの飲み会や仲間との会合予定もあり、
「年末ってホントに忙しい」と思いながら、
若干ウキウキしていた数日間…

そんなある日の19時、
いつものようにお子様を寝かしつけて数時間…

「うーん、うーん」と
寝つきが悪い時の小さなグズる声が聞こえます。
そんな時は手を握って背中をトントンして…と。
案の定、すぐ寝入りました。

が、またすぐ泣き声に近い声が、またトントン。
そんな事を数回繰り返したでしょうか。

さすがに「これはおかしい」と思い、
半分眠ったままのお子様を抱き上げると、
いつもせがむダッコを嫌がり「エーン」と苦しそう…

そして体を反転しながらノドの奥で「グッグッ」と変な音!
「んっ?吐くのか?!」とタオルで身構えた瞬間
「ゲホッ」とお子様の人生初の嘔吐の瞬間に立ち会いました。

その後も様子を見ていると、
また60分後に「エーン」→「ゲボッ」

これは、一時的なものではないと判断し病院へ。

先生曰く、「胃腸炎と風邪が併発した」との事。
飲み薬や吐き止め薬をもらってひと安心。

そして、クリスマスイブイブの日…
今度は主人が夜中に腹痛!
どうもお子様のがうつったようで、感染性胃腸炎に…

ミーも寝不足と疲れで、食欲がなくなって…
そんな事をしているうちに、
アッという間にクリスマスイブ?!
予約していたケーキも食べられませんでした。

世の中がきらびやかであればあるほど、
自分たちの苦しさが大きいような気がする、
切ないクリスマスでした。



このページの先頭へ戻る